アンタレスステークス2018予想!

アンタレスステークス2018予想です!

調教分析

【アスカノロマン】
栗東cwの単走。もともと追い切りでは派手な動きをみせない馬ではあるが、好調時と比べると、やや迫力に欠ける。東海Sと比較しても、大きな前進はなさそう。
評価:C、前走比較-

【アルタイル】
美浦南wの単走。時計自体は悪くないものの、可もなく不可もなくといった内容。前走マーチS時と比較すると、軽い内容で、動きも前走のほうが良いだろう。
評価:B、前走比較↘

【クインズサターン】
栗東坂路の単走。軽く気合だけつけて、リズム良くピッチが落ちず走ることができている。マーチS時も同じような内容だったので、好調が持続していると判断したい。
評価:B、前走比較→

【グレイトパール】
栗東cwの併せ。全体時計・ラスト1Fも速い時計が出ているが、併せ馬にはしっかり追っても先着を許した。今回は11ヶ月の休み明け。休み明け前の追い切りも併走遅れではあったものの、動きのダイナミックさという点では、劣るように感じる。
評価:B、前走比較↘

【コスモカナディアン】
※映像なし。

【ディアデルレイ】
美浦wの併せ。時計こそ悪くはないものの、併せ馬2頭に大きく遅れてしまった。走りもこじんまりとしていて、突っ張ったような体勢になってしまう。マーチS時と比べても、いまいちな内容。
評価:c、前走比較↘

【トップディーヴォ】
栗東坂路の併せ。ゴール前は鞍上がしっかりと追うが、馬なりの併せ馬に遅れる。タイムもパッとしない。とはいえ、いつも調教ではこんな感じの動きなので、そこまで気にする必要はないのかもしれない。
評価:C、前走比較→

【ナムラアラシ】
栗東cwの単走。コーナーから左にもたれながら走る。気になる動きではあるが、直線で仕掛けるときっちり反応し、真っ直ぐにダイナミックなフットワークができている。直線だけであれば、高評価したい内容。
評価:B、前走比較-

【マイティティー】
※映像なし。

【マイネルバサラ】
美浦南wの単走。間隔が詰まっているため、馬なりの軽い内容。それでも、ハミを取ってグイグイ進んでいこうとする活気がある。時計もまずます。
評価:B、前走比較-

【ミツバ】
栗東坂路の併せ。頭を低く保つ動き。併走馬には遅れ、タイムも遅いが、好走時もこんな内容が多いので、この馬なりには悪くない内容なのだろう。
評価:C、前走比較-

【メイショウウタゲ】
栗東坂路の単走。終始右にもたれている。仕掛けへの反応はまずまずだし、ラスト1Fだけ取れば、悪くない評価はできる。このあたりは、マーチS時と同じ。
評価:B、前走比較→

【メイショウスミトモ】
栗東坂路の併せ。全体時計こそまずまずだが、ラストは一杯に追っても、併せ馬に楽に先着されてしまった。これまでの最終追い切りはしまい重点が多かったが、今回はびっしり追ってきた。
評価:B、前走比較-

【モンドインテロ】
美浦南wの単走。やはりダートを主戦場としている馬と比べると、素軽い動き。タイムはまずまずというレベルだが、反応は良い。ただ、これまでの芝レースで好走してきたときと比べると、当時のほうがより活気はあった。
評価:B、前走比較-

【ユノラト】
栗東cwの併せ。かなり速い時計で、併せ馬でハードな内容。左にもたれる姿は気になるし、併走馬にもやや遅れてしまった。ただ、これだけ攻めてきたことは評価したい。
評価:B、前走比較-

【ロンドンタウン】
栗東坂路の単走。馬なりでラストは肩ムチを入れての仕掛け。リラックスして走れているし、仕掛けてからの反応も良い。ラスト1Fの時計も優秀。マーチs時よりは好内容。
評価:A、前走比較↗

馬場傾向の分析

土曜日時点では、良馬場の阪神ダート。これから雨予報なので、レース時は雨は上がっていても、重馬場の高速ダートの可能性が高い。先週も、1000万の1800mダートで1.50.5という速い時計が出ていた。

高速ダートを想定すれば、基本通り先行馬・内枠を重視して予想を組みたい。

アンタレスステークス2018予想

どこからでも入れるメンバー構成だろう。

1枠2頭が人気を集めるのか。
グレイトパールは、復帰前の連勝の内容を見ると、G1クラスでも通用する走りを見せている。しかし、今回は長期の休み明けであるうえに、高速ダートとなれば適性は落ちる可能性が高い。ナムラアラシも同様に、ここ2走のパフォーマンスはともにこのメンバーならトップクラスのものであるが、内枠から位置取りを下げてからの追い込みで間に合うかどうか。2頭とも人気で買うのは避けたいところ。

◎と○には、それぞれ重馬場でテイエムジンソクに先着した馬を揃える。

◎の評価したいレースは、昨夏のエルムステークスと、昨年のアンタレスステークス。ともに速い決着の時計で、ハイレベルな内容。韓国への遠征以降、低迷しているものの、調教の動きは良化しているし、今回馬体を絞れれば、再度の好走は可能性と判断した。

〇にはトップディーヴォ。トップディーヴォも、昨年の北山ステークスでテイエムジンソクに先着。1.48.8という芝並みの時計で勝っている。56kgで出られるのであれば、能力は上位だし、内枠も引けたのは大きい。鞍上の手綱さばきにも期待したい。

相手は、先行馬+内枠を重視して選択。

◎ロンドンタウン 松岡

〇トップディーヴォ 横山典
△ディアデルレイ 勝浦
△コスモカナディアン 丹内
△ユノラト 藤岡康
△メイショウウタゲ 北村友
△クインズサターン 四位

(◎〇→◎〇△の馬連・三連複)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする