青葉賞2018予想!

青葉賞2018予想です!

調教分析

【エリタオウ】
栗東坂路の併せ。最後は軽く仕掛けるが、反応いまいちで、併走馬に送れる。頭も高く、ふらつく場面もあり。
評価:C、前走比較-

【オブセッション】
美浦南wの併せ。ジョッキーが騎乗しての追い切りだが、手ごたえはいまいち。反応は悪いが、ゴール前では併走馬と並んでゴール。弥生賞のときも調教ではこんな感じだったし、舌を出していない点は弥生賞よりも好感は持てる。
評価:B、前走比較→

【カフジバンガード】
栗東坂路の単走。やや頭が高い走法も、脚の回転は早く、ラスト1Fの時計は良い。スプリングステークス時と比較すると、cw併せ→坂路単走になっており、負荷は前走のほうがかかることができていたかもしれない。
評価:B、前走比較→

【クレディブル】
※映像なし。

【ゴーフォザサミット】
美浦南wの併せ。馬なりで、外と馬と馬体を合わせる。終始手ごたえは良く、時計も優秀。ただ、この馬は前走含め、調教はいつも良くみせるタイプではある。
評価:A、前走比較→

【サトノソルタス】
美浦南wの併せ。ゆったり外を回って、併せ馬に並びかけると、そのまま併入。時計も速く、集中力を感じる動きができており、フットワークもダイナミック。共同通信杯時も好調教で、引き続き好仕上がりだろう。
評価:A、前走比較→

【スズカテイオー】
栗東坂路の単走。馬場の影響なのか、走りにくそうにする場面もあり。バタバタした動きになってしまっているが、タイムは悪くない。
評価:B、前走比較‐

【スーパーフェザー】
栗東坂路の併せ。タイムは地味だが、持ったままで併せ馬に先着した。フットワークは大きく、力強い走りができている。
評価:B、前走比較-

【ダノンマジェスティ】
栗東坂路の併せ。ラスト1Fが13秒台まで落ち込んだのはあまり印象が良くないが、ゴール前までは、活気がある動きができており、全体の時計は速い。やはり折り合い面には課題がありそうだ。
評価:B、前走比較-

【ダブルフラット】
※映像なし。

【ディープインラヴ】
※映像なし。

【テトラルキア】
美浦南wの併せ。併せ馬には先着したものの、仕掛けへの反応はいまいちで、フットワークにものびやかさを感じない。
評価:C、前走比較-

【トラストケンシン】
美浦坂路の併せ。この馬も馬場の影響なのか、走りづらそうにしている。左右にふらつく場面もあり、タイムも出ていない。前走弥生賞時のほうもきれいな走りではなかったが、活気はあった。
評価:C、前走比較↘

【ノストラダムス】
※映像なし。

【マイネルサリューエ】
美浦南wの併せ。かなり外を回ったが直線ではよく伸びて併せ馬に先着した。時計も外を回った分を加味すれば、悪くないし、仕掛けられてからは、素軽さはないものの力強い動きができている。
評価:A、前走比較-

【ミッキーポジション】
美浦南wの併せ。タイムは平凡も、ゆったりとしたトビの大きいフットワークで走れている。併せ馬にも手ごたえでは上回った。
評価:B、前走比較-

【モンテグロッソ】
美浦南wの併せ。コーナーはスムーズでないが、直線に入ってからは、楽な手ごたえで先着した。ラスト1Fの時計はまずまず良い。
評価:B、前走比較-

【ユウセイフラッシュ】
美浦南wの単走。全体的に硬いフットワークで、スピード感を感じない動き。時計もいまいち。
評価:C、前走比較-

【調教分析まとめ】

馬 名 評 価 前走比較
 エリタオウ C
オブセッション B
 カフジバンガード B
 クレディブル
 ゴーフォザサミット A
サトノソルタス A
 スズカテイオー B
 スーパーフェザー B
ダノンマジェスティ B
 ダブルフラット
 ディープインラヴ
 テトラルキア C
トラストケンシン C
ノストラダムス
マイネルサリューエ A
ミッキーポジション B
モンテグロッソ B
ユウセイフラッシュ C

馬場傾向の分析

先週日曜日時点での東京芝の傾向を見ておく。

(レース、着順、4角通過順、4角内外の位置)
3R1600m 1着:⑭内、2着:⑨内、3着⑦中
4R1400m 1着:⑦内、2着:⑤内、3着③内
5R2400m 1着:⑦内、2着:⑤中、3着①内
7R2000m 1着:⑩外、2着:⑧外、3着②中
9R1800m 1着:⑥外、2着:③内、3着⑥内
11R2000m 1着:⑭外、2着:③中、3着②内

フローラステークスで2分を切ってきたことからも、超高速馬場といって良い水準の時計が出ている。基本的には内・先行馬が有利で、外差しで勝ち切っているのは、サトノワルキューレはじめ能力が高くないと厳しい。フローラステークスでも、外枠ながら前でうまく立ち回った、パイオニアバイオ・ノームコアが人気以上の走りを見せている。

血統面は、5R2400mはディープインパクト→ディープブリランテの決着、その他のレースもディープインパクト産駒が活躍している。

土曜日は晴れ予報なので、先週の馬場が継続するという想定でいいだろう。

青葉賞2018予想

展開は、スローが濃厚。ダートからの馬たちがどうでるかは読みにくいが、ダブルフラット・ディープインラヴくらいしか、前につけそうなのはいない。高速馬場かつスローであれば、位置取り+瞬発力を重視して予想を組みたい。

ディープ軍団をみていく。

ここまでで一番時計的に価値のあるレースをしたのはオブセッション。阪神の高速馬場を加味する必要はあるが、それでも2歳冬の時点でシクラメン賞のパフォーマンスはかなり優秀。弥生賞では小回りコースに対応することができなかったので、東京に替わるのはプラスだろう。ただ、同じようにスムーズさを欠く可能性は十分に考えれる。

もう少しでも内目の枠に入れば、本命にしようと考えていたサトノソルタス大外枠の試練。この馬も共同通信杯だけ走れば、このメンバーであれば上位に計算で、2戦目でいきなり時計を詰めることができたことは評価しなくていけないだろう。しかし、いくらデムーロといえども今の馬場で大外枠は積極的には買いづらい。

スーパーフェザーは、3年連続で勝ち馬を出しているアザレア賞からのステップ。アザレア賞は超スローからの瞬発力勝負。12.7-11.0-11.3-11.6というラスト4Fのラップ推移になっている。今回の青葉賞も同じようなレース質になる可能性は高いが、ここ3年の勝ち馬(アドミラブル・ヴァンキッシュラン・レーヴミストラル)と比べると、アザレア賞のレベルは落ちる点は気になるところで素直に本命にしてよいのか、ためらう気持ちがある。

本命はを指名したい。逃げた前走で大きくパフォーマンスが上がっており、かつ上がりの脚は変わっていないので、その血統とおりに積極的にレースを運んだほうが良いタイプだろう。初の輸送などクリアすべき課題は多いが、内枠を引けたし、展開利も考えられるメンバー構成になっている。溜めすぎるとよくないので、全兄のような積極的な競馬ができれば、好走できる能力は示している。

◎ディープインラヴ 岩田

(◎の単複)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする