アーリントンカップ2018予想!

アーリントンカップ2018予想です!

調教分析

【アリア】
栗東坂路の併せ。ラスト1Fだけ軽くしかける内容で、リズム良く走ることができている。併せ馬にも先着した。ただ、活気という点では前走フィリーズレビュー時のほうがあるように感じる。
評価:B、前走比較→

【イルルーメ】
美浦南wの単走。時計自体は悪くなく、ラスト1Fも速い。しかし、動きにはドタバタ感があり、うまく連動して走れていないような印象を受ける。
評価:B、前走比較-

【インディチャンプ】
栗東坂路の併せ。全体時計が速く、さすがにラスト1Fはタイムが落ちたものの、最後まで集中力があって、ピッチも落ちていない。併せ馬にも先着。前走毎日杯と比較しても遜色ない動きができている。
評価:A、前走比較→

【ウォーターパルフェ】
栗東坂路の単走。騎手が騎乗し、ラスト1Fだけ軽く仕掛ける、という内容。その割には、ラストの伸びもなく、動きも散漫に映ってしまう。前走もこのような内容なので、大きな前進はなさそう。
評価:c、前走比較-

【エアアルマス】
栗東cwの単走。頭の位置がやや高く、ぶれることもあり、安定しない走り。時計はまずまず優秀。
評価:B、前走比較-

【ダノンスマッシュ】
栗東坂路の単走。終始馬なりで、時計は遅い。朝日杯・ファルコンステークスともに最終追いきりはcwで派手な動きを見せていただけに、地味な印象を受けるが、ブレは少なく走りの質自体は悪いものではない。
評価:B、前走比較↘

【タワーオブロンドン】
美浦坂路の併せ。回転力のある脚の動き・重心も低く真っ直ぐに走る。楽に先着。しかし朝日杯よりは地味な内容。休み明けではあるが、それなりの仕上がりは出るくるか。
評価:B、前走比較↘

【パクスアメリカーナ】
栗東cwの併せ。併せ馬にはほとんど併入も、手ごたえでは上回った。時計も優秀で、この血統らしく集中力のある走りという印象である。
評価:A、前走比較-

【ピースユニヴァース】
美浦坂路の併せ。それなりに躍動感のある動きをするが、併せ馬のほうがやや優勢でゴール。悪いというわけではないが、特筆すべきポイントもない、という感じ。
評価:C、前走比較-

【ラセット】
栗東cwの併せ。ラストだけ軽く仕掛けて、きっちり先着した。きさらぎ賞の追い切りも似たような良い内容だったが、変わりなく良い。
評価:A、前走比較→

【リュウノユキナ】
※映像なし。

【レッドヴェイロン】
栗東坂路の併せ。頭が高い走法でやや右にもたれる場面もあり。ゴール前で追い出されてからは反応は良く、余裕をもって先着した。ただ、時計は決して速くないし、まだ未完成という印象。
評価:B、前走比較-

馬場傾向の分析

先週。土曜日の阪神芝は稍重スタート。その後、徐々に回復し、日曜日はまずまず速い時計が出ていた。開幕当初の超高速馬場よりは、ひとつ時計がかかってはいる。今週の週中には降雨があったようだが、土曜日の雨の心配は開催時間中は何とかなりそうな予報である。基本的には、先週日曜日の馬場を想定したい。

先週日曜日の結果は、

(レース、着順、4角通過順、4角内外の位置)
4R1800m 1着:⑤内、2着:⑩中、3着⑤内
7R1600m 1着:⑨外、2着:⑨中、3着⑨内
9R2000m 1着:③内、2着:⑥内、3着⑬外
10R1400m 1着:⑬内、2着:⑨中、3着⑰外
11R1600m 1着:⑯外、2着:③内、3着⑥中

内外のバイアスは、やや内有利~フラット。外回りに限れば、ほとんど内外の有利不利はないといって良い結果だった。時計の出方は、桜花賞で1.33.1のレースレコードが出たが、これはアーモンドアイの能力的な要素も大きいと判断しているので、上述にように超高速馬場ではない。血統面では、ロードカナロア・キンカメ・ハーツクライ・オルフェーヴル産駒が活躍。やはり軽いスピードよりはパワーが問われるような馬場だったのだろう。

アーリントンカップ2018予想

展開は少頭数ということもあって、ややスローを想定しておく。ラブカンプーの存在はあるが、ゆったり入るか、離して逃げて後続はスロー、という流れだろう。日曜日の馬場を想定すると、決着は34秒台前半~33秒台後半の公算が高い。

全体を見渡すと、重賞で好走したきたメンバー+阪神・京都で好内容で走った馬、という構図。

最も数字的に評価できるのは、インディチャンプの毎日杯3着。スムーズさを欠きながら、上がりは最速で、全体時計も優秀。毎日杯時点は、持ち時計が全くなかったので、不安に感じていたが、一気に対応してきたことは評価しないといけないだろう。超高速マイルでなければ、マイルにも対応できるはずで、父ステイゴールドの血統も傾向に合う。ブラストワンピース・ギベオンが相手だったのを比べると、今回のほうが相手は楽。やや間隔は詰まってはいるが、追い切りではしっかり負荷をかけてきた。
不安点はやはり枠順。エンジンのかかりは遅いので、毎日杯のように後手を踏む可能性はある。

他方、パクスアメリカーナは、持ち時計がない。未勝利戦でラセット・こぶし賞でケイアイノーテックに先着しているので、弱い馬ではないが、瞬発力勝負で遅れを取る可能性がある(この馬も内枠)。ただ、調教の動きは良く、ホエールキャプチャの全弟という血統の魅力はるので、本命にはしないが、相手には入れておきたい。

タワーオブロンドンは、朝日杯以来のレース。朝日杯は、決して悪くはない走りだが、はやり本領発揮は、1400m以下のパワー勝負という感じがする(将来的にはダートを走っているかもしれない)。それでいて、休み明けかつ賞金が足りている立場なので、次を見据えた仕上げで出来る可能性は高い。人気を考えてもここは評価を下げてみたい。

本命は、◎。この馬は前走で一気にパフォーマンスを上げてきた。超高速馬場での時計ではあるが、字面だけ取れば、インディチャンプ毎日杯より、0.3速い。このメンバーに入っても、能力的には戦える内容では走ってきた。外目の枠を引けたので、ラブカンプーなど、内目の馬を見ながら先行できる隊列だろう。インディチャンプが内枠で苦労するようなら、心強い鞍上が出し抜く可能性は十分。血統も、父キンカメ+阪神牝馬Sで好走したレッドアヴァンセの半弟でフィットするだろう。4,5番人気であれば狙ってみたい。

◎レッドヴェイロン デムーロ

〇インディチャンプ 岩田
△パクスアメリカーナ 川田
△エアアルマス 福永
△ラセット 和田
△ダノンスマッシュ 北村友

(◎〇→◎〇△の馬連・三連複)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする