フローラステークス2018予想!

フローラステークス2018予想です!

調教分析

【ヴェロニカグレース】
美浦南wの併せ。馬なりでラストだけ軽く仕掛ける内容。機敏さはないものの、フットワークは大きく、ゆったりとした動きができている。併せ馬には先着した。
評価:B、前走比較-

【ウスベニノキミ】
栗東坂路の単走。輸送も控えているので、軽めの内容。ややふらつく場面もあるが、活気は感じられる。馬場の差もあるが、前走フラワーカップよりは負荷は軽めになっている。
評価:B、前走比較→

【オスカールビー】
※映像なし。

【オハナ】
美浦南wの併せ。併せ馬と強めに併せてほとんど併入。仕掛けへの反応は良好で、ラスト1Fのタイムも速い。クイーンカップ時と似たような内容で、引き続き、追い切りは充実している様子。
評価:B、前走比較→

【カーサデルシエロ】
※映像なし。

【サトノワルキューレ】
栗東坂路の併せ。持ったままの手ごたえで併せ馬に楽に先着し、タイムも優秀。頭の低いフォームで、脚の回転も速い。レース振りからは、これほど坂路で動く馬というイメージはなかったので、良い意味で意外に感じた。
評価:A、前走比較-

【サラキア】
栗東cwの単走。ゴール前までは、ゆったりとした馬なりで、ラストだけ軽く促す。反応は良く、フォームも安定している。前走チューリップ賞時のほうが併せ馬で負荷をかける内容だったが、輸送を考慮してか。
評価:B、前走比較→

【ディアジラソル】
美浦南wの併せ。馬なりで併せ馬に併入。内目を通ったことを考慮すると、タイムはいまいち。突っ張ったような動きになっていて、見栄えあまり良くない。
評価:C、前走比較→

【デュッセルドルフ】
美浦南wの併せ。ややバタバタした動きにも見えるが、ゴール後までしっかり追って負荷をかけることができている。タイムは平凡。
評価:B、前走比較-

【ノーブルカリナン】
※映像なし。

【ノームコア】
美浦南wの単走。決して派手な時計ではないが、前向きさが感じられ、集中力があって良い雰囲気の追い切り。フラワーカップ時も悪くはなかったが、今回のほうを上に評価したい。
評価:A、前走比較↗

【パイオニアバイオ】
美浦南wの併せ。やや頭の高い走り方。動き自体は特筆すべき点はないが、タイムはまずまずで併せ馬に先着した。
評価:B、前走比較-

【ハイヒール】
栗東坂路の単走。短い映像。躍動感を感じる走りではあるが、ややがに股になっている。タイムは平凡。
評価:C、前走比較→

【ファストライフ】
美浦南wの単走。こじんまりした動きにみえる割には、時計は出ている。前走フラワーカップ時と大差ない内容。馬体はやや小さくみえる。
評価:B、前走比較→

【ラブラブラブ】
美浦南wの併せ。終始馬なりの軽い内容で、負荷はあまりかけず。頭を低く保つ走りで、見た目は悪くないが。
評価:B、前走比較-

【レッドベルローズ】
美浦南wの併せ。コーナーでは外にもたれる場面もあったが、直線に入ってからは、集中力がある雰囲気で走ることができている。
評価:B、前走比較→

【調教分析まとめ】

馬 名 評 価 前走比較
 ヴェロニカグレース B
ウスベニノキミ B
 オスカールビー – 
 オハナ B
 カーサデルシエロ
 サトノワルキューレ A
 サラキア B
 ディアジラソル C
 デュッセルドルフ
 ノーブルカリナン
 ノームコア A
 パイオニアバイオ B
ハイヒール C
ファストライフ B
ラブラブラブ B
レッドベルローズ B

馬場傾向の分析

土曜日時点での東京芝の傾向を見ておく。

(レース、着順、4角通過順、4角内外の位置)
5R2000m 1着:⑦内、2着:③中、3着⑩中
6R1800m 1着:⑧内、2着:⑥中、3着⑬外
9R2300m 1着:②中、2着:⑤内、3着①内
10R2000m 1着:③内、2着:⑥内、3着③内
12R1400m 1着:②内、2着:⑦内、3着⑨中

東京も、京都と同じく、超高速馬場といってよい水準の時計の出方になっている。準OP2000mで58秒台かつ上がり33秒台なので、相当に速い馬場だろう。血統的には、ディープインパクト産駒の活躍が目立つ。

5R、6Rと横山典がイン差しで連勝したことが印象に残った土曜日。準メインのグリュイエールの競馬をみても、内々でうまく立ち回った馬に利がある馬場状態になっている。内・先行を優先して予想を組みたい。

フローラステークス2018予想

前走のパフォーマンスでみると、一応サトノワルキューレ・レッドベルローズ・オハナあたりがは相対的には優秀だが、数値的に大きく抜けているわけではないので、どこからでも入れるメンバー構成だろう。いまの馬場を踏まえて、フィットするであろう馬を狙いたい。上手くレースを運んだ馬が上位にくる。

馬場傾向からは、内枠の馬を選択したい。ヴェロニカグレース・ノームコアは魅力的な馬たちだが、この枠では狙いにくいか。

内枠には何頭か候補がいるが、本命は◎
前走は、出負け+終始外を回る競馬でも、最後は詰めてきていた。まともだったたら3着はあったであろう内容。2走前も、桜花賞で見せ場のあったレッドサクヤと同等の走りができている。未勝利戦からも、数値的にはこのメンバーでは足りる計算になる。ディープインパクト×Smaety Jonesの血統もいまの超高速馬場には合うはず。
差がないメンバーなので、とにかくうまく運べるかがポイントになる。例年より、乗れている鞍上にも期待したい。

ノーブルカリナン 藤岡康

(◎の単複)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする