阪神牝馬ステークス2018予想!

阪神牝馬ステークス2018予想です!

調教分析

【アドマイヤリード】
栗東坂路併せ。直線に入るまでは相手の後ろに付くかたちで、直線に入ると並びかけて突き放す。前走と同じような内容。相変わらずのピッチ走法で、脚の回転は早い。全体時計も速く、上がりの数字もしっかりまとめてきた。時計の面でもそうではあるが、動き自体は休み明けだった東京新聞杯時よりも良い。
評価:A、前走比較↗

【エテルナミノル】
※映像なし。

【クインズミラーグロ】
※映像なし。

【ジュールポレール】
栗東坂路。併せ馬で追いつかなかったのか、単走で追いつきそうになったのかは映像からだけでは不明だが、遅れをとった。動きの質自体は、前走エリザベス女王杯時と大差はないものの、舌を出しながら走っている。ただこれも昨年のヴィクトリアマイル最終追い切りでも見られたので、そこまで気にする必要はないかもしれない。
評価:B、前走比較→

【ソウルスターリング】
美浦南W併せ。終始ほとんど馬なりではあるが、手ごたえは良く、馬が進んでいく気持ちが感じられる。時計も良い。最後は余裕で先着した。昨秋のジャパンカップ時と動きは相変わらず素晴らしい。舌を出していないという点では、今回のほうが良い印象を受ける。
評価:B、前走比較→

【デンコウアンジュ】
栗東坂路の単走。前走東京新聞杯のときと大きくは変わらない内容。時計はそれほど速くはないが、全体の雰囲気は良い。
評価:B、前走比較→

【ミエノサクシード】
※映像なし。

【ミスパンテール】
栗東坂路の単走。最後まで手ごたえはよく、地を這うのような走りができている。今回のほうが全体時計は速く、その分ラスト1Fは遅くなっている。前走京都牝馬ステークス時の追い切りもかなり良かったが、今回も引き続き良い。
評価:A、前走比較→

【ミリッサ】
栗東坂路の併せ。バネのある動きで、併せ馬に先着。過去、映像がある追い切りは秋華賞まで遡るが、秋華賞時と比較しても遜色ない。全体時計も速い。
評価:B、前走比較‐

【ラビットラン】
栗東CWの併せ。馬なりで先着。元々そうであるが、トビが大きく、首との連動が効いてバネを感じる走りができている。ラスト1Fの時計は優秀。リフレッシュ効果なのか、京都金杯時より状態は上がっていそう。
評価:A、前走比較↗

【リスグラシュー】
栗東坂路の併せ。先行する馬の後ろにつけて、最後持ち出して楽に交わす、という内容。全体時計・ラスト1Fの時計ともに優秀で、終始躍動感のある動き。前走東京新聞杯の追い切りも相当に良い内容だったが、今回も負けず劣らず調子は良さそう。
評価:S、前走比較→

【レッドアヴァンセ】
栗東坂路の併せ。頭を低く保って、回転の早い動きで先着。一週前の追い切りでも、速い時計を出していて、調子は良さそう。
評価:A、前走比較‐

【ワントゥワン】
栗東CWの併せ。併せ馬が一杯に追っているところを、楽に先着した。このレベルに入っても、調教の内容自体は、平均水準にはある。
評価:B、前走比較‐

馬場傾向の分析

先週の時点では、今開催の流れそのままに高速馬場が継続。先週日曜日の3歳未勝利マイル戦で1.34.3なので、古馬重賞であれば、32秒台が出るような馬場。金曜日の雨でどういった変化が出てくるのか、ポイントになる。

今週土曜日の更新時点では、「稍重」の馬場状態。見た目の芝は非常にきれいで、先週と変わらない。

(レース、着順、4角通過順、4角内外の位置)
4R1400m 1着:④内、2着:④中、3着⑥中
6R1600m 1着:⑤内、2着:⑦内、3着⑨中

4Rの決着時計が、1.23.1、上がりも上位馬は36秒台までかかったが、外回りマイルの6Rは、内枠2頭での決着。時計は1.34.5と速いが、ペースがしっかり上がって、ラスト2Fが12.4-12.4と上がりがかかってのもの。勝ち馬アドマイヤアルバはハーツクライ×ストームキャット系、穴をあけたバトルマイスターはアメリカン血統なので、この系統は警戒しておく。これから気温も上がって徐々に馬場は乾いていくので、これ以上時計がかかることはないだろう。

阪神牝馬ステークス2018の予想

まず、展開はかなりの確率でスローだろう。逃げる可能性が一番高そうなのは、クインズミラーグロだが、中距離戦を主戦場としているタイプなので、仮に逃げたとしても、ペースは上がらない。他の先行馬も、ジュールポレール、エテルナミノルくらい。パンパンの良馬場ではなくやや時計がかかる馬場ではあるが、ラスト3Fは速くなる。1分33秒台を想定。位置取りが鍵になりそう。

全体時計はある程度かかって、上がりは速い、という想定でいくと、リスグラシューは外せない。東京新聞杯と同じようなレース質になれば、適性的にはフィットしてくる。さらに今回は、斤量54kgと前走比較で1kg減、アドマイヤリードやソウルスターリングと比べると2kgも軽いというかなり有利な設定になっている。追い切りからも状態はかなりいいので、人気ではあるが、評価は下げにくい。ヴィクトリアマイルで、超高速マイルになったときに評価を下げる、というのがセオリーだろう。

ソウルスターリングについて、昨秋は古馬相手に力負け。もともと瞬発力には不安がある馬なので、毎日王冠のようなキレ負けというパターンが今後もついて回る。理想は、チューリップ賞やオークスのような高速馬場での時計勝負。そこから見ると、瞬発力勝負という今回の条件はややずれる。ただ、状態面は良いだろうし、好位につける可能性が高いのは魅力的。アドマイヤリードの前走の負けは、展開・直線での不利があったので大きく気にする必要はない。ステイゴールド産駒で、休み明け2走目・内枠・デムーロと、今回のほうが条件は好転している。当然、再度の展開負けも考えられるが、馬群を割ってくるような競馬ができれば、好走可能。

ミスパンテールの3連勝は、数値的には低いので注意が必要。長期の休み明けで激走したチューリップ賞の反動から、立て直されているが、この馬のベストパフォーマンスはあくまでチューリップ賞にある。鞍上が手の内に入れているのは心強いが、できれば、馬場は乾いてほしい。

素直にいけば、リスグラシュー・ソウルスターリングから、入るべきだとうが、◎は可能な限り人気薄から入りたい。これまでの条件戦のレースを見る限り、ここでも十分通用する内容では走っていて、特に、西宮S・元町Sの走破時計・上がりの数値ともに優秀。ステイゴールド×A.P Indyの血統も今日の馬場向きだろう。あとは鞍上がどこまで積極的には運ぶことができるか、ユートピアSでのレース運びから考えてくるはずだ。

◎ミエノサクシード 福永

〇リスグラシュー 武豊
▲ソウルスターリング ルメール
△アドマイヤリード デムーロ
△ラビットラン 川田

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする