福島牝馬ステークス2018予想!

福島牝馬ステークス2018予想です!

調教分析

【カワキタエンカ】
栗東坂路の坂路。左右にやや頭を背ける箇所もあるものの、ゴール前の動きは活気が感じられる。馬なりでタイムも平凡だが、好走した前走中山牝馬ステークスのときもこのような内容の追い切りであった。
評価:B、前走比較→

【キンショーユキヒメ】
栗東cwの単走。動きにはやや硬さがあるが、直線に入って追われてからの反応はまずまず。時計も優秀。ただ、この馬は調教では良い動きを見せるタイプではある。
評価:B、前走比較-

【ゲッカコウ】
美浦南wの単走。こじんまりした動きで首を上げる場面もあるが、仕掛けられると、フットワークは軽快。時計はそこそこ出てはいる。前走比較では大きな前進は感じない。
評価:B、前走比較-

【サルサディオーネ】
栗東pの単走。時計はかなり速いものの、ポリトラックでのもの。フットワークはダイナミック。好走したレパードステークスをはじめ、最終追い切りは坂路だったが、今回の変更はどう出るか。
評価:B、前走比較-

【デンコウアンジュ】
栗東坂路の単走。やや右にもたれ、頭も高めだが、馬なりで活気ある走り。タイムも速い。前走の阪神牝馬Sでも同じような内容だった。間隔は詰まっているので、その点はには不安があるが、馬体が絞れてこれば。
評価:B、前走比較→

【トーセンビクトリー】
栗東坂路の併せ。全体時計は速いが、最後は併せ馬に大きく遅れてしまい、印象は良くない。フットワークも悪い意味で飛び跳ねるような動きになっている。ここ2走のcwでの追い切りと比較すると、いまいちな評価。
評価:C、前走比較↘

【ノットフォーマル】
美浦南pの単走。ポリトラックでのものではあるものの、時計はまずまず。動きも悪くはない。ただ、前走時は、ウッドで強め負荷をかけていたので、軽めの内容になったのはやや不安。
評価:B、前走比較↘

【ブラックオニキス】
美浦南wの併せ。のびやかさはあまり感じられないが、仕掛けには反応できているし、併せ馬にはきっちり先着した。前走中山牝馬S時とは平行線という評価。
評価:B、前走比較→

【ベアインマインド】
美浦南wの併せ。時計は標準的でも終始手ごたえは良く、活気を感じる内容である。やや間隔があいたローテーションだが、その分フレッシュさはありそう。
評価:A、前走比較-

【レイホーロマンス】
栗東坂路の単走。馬なりでラストだけ軽く仕掛ける。馬体は小さく見えるものの、足取りは力強く、連動性がある走りができている。前走中山牝馬S時も同じような動きで好調を持続。
評価:A、前走比較→

【ロッカフラベイビー】
美浦南wの併せ。併せ馬にはほとんど併入。フットワークはややこじんまりした印象で、ぱっとしない動きではある。前走愛知杯時と同じく、今回も休み明けの一戦で、大きな前進は感じられない。
評価:C、前走比較→

【ワンブレスアウェイ】
美浦南wの単走。舌を出しながらの走りも、気分は良さそうで馬なりながら時計は優秀。ただ、この馬はいつも追い切りは良く見せるタイプで、前走も追い切り自体は良かった。舌を出している点は前走時は見られなかったので気にはなる。
評価:B、前走比較→

【調教分析まとめ】

馬 名 評 価 前走比較
 カワキタエンカ B → 
 キンショーユキヒメ ー 
 ゲッカコウ ー 
 サルサディオーネ ー 
 デンコウアンジュ ー 
 トーセンビクトリー C 
 ノットフォーマル
 ブラックオニキス B  → 
 ベアインマインド A ー 
 レイホーロマンス A  → 
 ロッカフラベイビー B 
 ワンブレスアウェイ B → 

馬場傾向の分析

先週日曜日時点での福島芝の傾向を見ておく。

(レース、着順、4角通過順、4角内外の位置)
2R1200m 1着:②内、2着:①内、3着⑤内
7R1800m 1着:④内、2着:②内、3着⑥内
10R1200m 1着:⑤内、2着:⑫中、3着⑨中
11R2000m 1着:⑩中、2着:①内、3着⑤外
12R2600m 1着:①内、2着:④内、3着②中

雨の影響もあったものの、今開催の福島芝は重め。メインのOP特別でしっかり流れて2.00.8なので、時計のかかる馬場といってよい水準。血統面は、中距離戦ではハービンジャーを中心に、重いイメージの血統が好走している傾向にある。内外のバイアスはまだ内も生きているので、4角位置は内の馬が上位を占めた。

今週からはAコース→Bコースに変更。

(レース、着順、4角通過順、4角内外の位置)
2R1200m 1着:⑩中、2着:⑦中、3着②中

2Rのみの結果ではあるが、3歳未勝利のスプリント戦で、1.10.9という時計。Bコースに変わってもやや時計がかかる馬場は継続している。内外については、フラットという判断をしたい。

福島牝馬ステークス2018予想

中山牝馬ステークスの再戦、というメンバー構成。ハンデ戦から別定戦となるので斤量の変化・中山牝馬ステークスでの展開面などを考慮して、今回買うべき馬を選択したい。

中山牝馬ステークスは、前半1000mが61.3、ラスト2Fが11.5-11.9というスローの展開で、先行馬・内を通った馬が有利な流れになった。時計から判断すると、レースレベルは低い。

斤量については、トーセンビクトリー56kg→54kg、ゲッカコウ・ワンブレスアウェイ54kgのまま、カワキタエンカ・ブラックオニキス・キンショーユキヒメ53kg→54kg、レイホーロマンス52kg→54kgという変化になっている。斤量からすると、トーセンビクトリーは相対的に有利になる。

おそらくレースレベルは上がらないだろうから、どこからでも入れる構成。

本命は◎。ここ3走の内容は素晴らしい。尾張特別では、同斤量のチェスナットコートに先着、愛知杯・中山牝馬ステークスでは上がり最速で馬券内。特に中山牝馬ステークスでは、不利な流れの中から、一頭だけ外を回して上位争い。今回は、前走と比較して、2kg斤量増とはなるが、調教も引き続き良く、充実度ではこのメンバー上位なので、ここでも期待できるだろう。差し遅れるリスクはあるものの、今週もやや時計がかかる馬場が続いているため、高速馬場よりは届く可能性は上がる。血統も父ハービンジャーで傾向に合う。

これくらいの人気であれば、妙味先行と判断したい。

◎レイホーロマンス 岩崎

(◎の単複)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする