マイラーズカップ2018予想!

マイラーズカップ2018予想です!

調教分析

【エアスピネル】
栗東坂路の併せ。馬なりでラストだけ軽く仕掛けるかたち。この馬らしく、リズミカルで真っ直ぐ走ることができている。今回は休み明けで、さすがにマイルCS時の追い切りと比較すると、いまいちだが、悪くない仕上がりだろう。
評価:B、前走比較↘

【カデナ】
栗東坂路の単走。時折躓くような場面もあり、時計もいまいちで、躍動感はあまり感じられない。前走東京新聞杯のほうが好印象だった。
評価:C、前走比較↘

【ガリバルディ】
※映像なし。

【グァンチャーレ】
栗東坂路の単走。やや右に傾くところあったが、良いリズムで動けている。全体時計・ラスト1Fの時計も優秀で、調子は良さそう。いつも坂路では良い動いをみせるではあるが、今回はいつも以上に良くみえる。
評価:A、前走比較-

【サングレーザー】
栗東坂路の単走。他の馬の影響もあったのか、左右にフラフラした走りになっている。動きも散漫で、時計もいまいち。前走阪神カップのときほうが、集中できていた。浅見厩舎なので、週中の追い切りは軽めになっているが、気になる内容ではある。
評価:C、前走比較↘

【ダッシングブレイズ】
栗東cwの併せ。併せ馬とは馬なりで併入。時計自体は悪くないが、飛び跳ねるようなフットワークで前への推進力は感じられない。前走金鯱賞のときのほうが、推進力が感じられた。
評価:B、前走比較↘

【テイエムイナズマ】
栗東坂路の単走。強めに追われている割には時計は出ていない。動きも重く感じる。
評価:C、前走比較‐

【ピークトラム】
※映像なし。

【ブラックムーン】
栗東cwの併せ。不良馬場の影響なのか、走りづらそうにはしているが、併せ馬には大きく先着した。休み明けになるが、前走京都金杯と比較しても、大きな動きができている。
評価:B、前走比較→

【ベルキャニオン】
美浦南wの併せ。良い手ごたえで、フットワークもダイナミックに先着した。かつ、タイムも優秀。もう7歳になるが、年齢を感じさない動き。ただ、前走東京新聞杯時も。追い切りは良かった。
評価:A、前走比較→

【ムーンクレスト】
※映像なし。

【モズアスコット】
栗東坂路の併せ。ややフラフラするところはあったが、しっかり追われて大きな動きができている。併せ馬にも楽に先着。タイムは素晴らしい。前走阪急杯に引き続き、追い切りの内容は好感が持てる。
評価:A、前走比較→

【ヤングマンパワー】
栗東cwの併せ。この馬らしく、頭の高い走法。タイムは速いが、コーナーでかなり内目を走ってのもの。今回の栗東滞在がどちらに出るかだが、調教の内容自体は、前走マイルCS時と大きな変化はない。
評価:B、前走比較→

【ロジクライ】
栗東坂路の単走。リズムよく真っ直ぐ走ることができている。鞍上の仕掛けに対する反応も良い。軽めの内容ではあるものの、タイムはまずまずで、一週前に強めに追っているので気にする必要はなさそう。
評価:A、前走比較-

【調教分析まとめ】

馬 名 評 価 前走比較
 エアスピネル B
 カデナ C
 ガリバルディ – 
 グァンチャーレ A
 サングレーザー C
 ダッシングブレイズ B
 テイエムイナズマ C
 ピークトラム
 ブラックムーン
 ベルキャニオン A
 ムーンクレスト
 モズアスコット A
ヤングマンパワー B
ロジクライ A

馬場傾向の分析

土曜日時点での京都芝の傾向を見ておく。

(レース、着順、4角通過順、4角内外の位置)
3R1400m 1着:④内、2着:②内、3着⑨外
5R1800m 1着:⑩外、2着:⑩外、3着①内
7R1600m 1着:⑧中、2着:⑦中、3着⑪中
8R2400m 1着:②中、2着:⑤中、3着①内
10R1600m 1着:④中、2着:⑩中、3着②中
11R1200m 1着:⑧内、2着:⑭内、3着⑩外

この時期の京都開催らしく、かなり速い馬場。8R3歳500万のあずさ賞で2.24.9、7R500万マイルで1.33.8という時計が出ているので、ほとんど昨年と同じような水準の馬場という見立てでよさそう。ただ、内・先行でないとダメな馬場というわけでもなく、外からの決め手も活きているので、フラットな馬場という判断でいいだろう。血統は、2つのマイル戦で、ディープインパクトやハーツクライが活躍している。

日曜日まで雨が降る予報もなく、基本的には土曜日の馬場が継続するという想定で予想したい。

マイラーズカップ2018予想

32秒台の決着を想定した場合、能力・適性的には人気4頭には逆らいづらい。

エアスピネルは、56kgというかなり有利な斤量設定で、昨年のマイラーズカップとは異なり、イスラボニータは不在。昨秋の一連のレースを見ても、能力的にはこのメンバー構成なら、一番だろう。瞬発力にやや不安があるこの馬にとって、ベストの条件は、富士ステークスや、マイルチャンピオンシップのように、重い馬場での時計勝負になる。その点からみると、今年もペースは上がらないだろうから、キレ負けする可能性はある。さらに、当初予定していた中山記念から、というローテーションが変更になった点を加味すると、一番人気で本命にはしたくない。

サングレーザーも昨年秋以降のレースは、どれも優秀。特に、前走の阪神カップは馬場を考慮しても、G1レベルの内容で走っている。ただ、サングレーザーもエアスピネル同様に休み明けかつ賞金は足りているという立場、一頭だけ57kgという斤量はやや不利に思う。

となると、上2頭には能力は劣るも、モズアスコットロジクライの2頭どちらからか、馬券は買いたい。京都マイルの適性を考慮して、今回は、◎を指名したい。

モズアスコット ルメール

(◎の単)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする