ニュージーランドトロフィー2018予想!

ニュージーランドトロフィー2018予想です!

調教分析

【アイスフィヨルド】
※映像なし。

【アンブロジオ】
美浦坂路の単走。霧のため、ほとんど最後数秒だけの映像。その映像からは、時計のわりにはバタバタしている印象を受けるが。
評価:‐、前走比較‐

【イチサンルンルン】
※映像なし。

【エイトシャイデン】
※映像なし。

【カイザーメランジェ】
美浦坂路併せ。霧のため、ほとんど最後数秒だけの映像。評価は難しいが、ラストの手ごたえは悪くない。時計自体は、前走ファルコンステークスのときのほうが良い。
評価:‐、前走比較‐

【カシアス】
栗東坂路の単走。終始馬なりも、ラスト1Fの時計は良く、気持ちよさそうに走ることができている。リフレッシュ効果はありそう。前走シンザン記念と比較すると、動き自体は変わらずといった感じ。
評価:B、前走比較→

【カツジ】
栗東cw坂路の単走。コーナーから直線にかけて、ゆったりと走ることができており、なおかつ時計も優秀。きさらぎ賞のときもこんな感じの内容だったので、良い意味で平行線といった様子。
評価:B、前走比較→

【ケイアイノーテック】
栗東坂路の併せ。時計自体は派手ではないが、馬なりでグッと前へ進む力を感じる。最後はきっちり先着。朝日杯と比べると、さすがに劣るが、仕上りは悪くないはず。
評価:B、前走比較‐

【コスモイグナーツ】
美浦坂路の単走。やや飛び跳ねるような走りはスプリングS時と変わらずで、大きな変わり目はなさそう。
評価:C、前走比較→

【ゴールドギア】
美浦南wの併せ。最後は数回ムチが入り一杯に追われるが、馬なりの並走馬に先着される。追走しての結果はではあるが、見た目の印象は良くない。動きの質もバタバタといった感じ。
評価:C、前走比較‐

【デルタバローズ】
※映像なし。

【ファストアプローチ】
美浦坂路の併せ。やや左右にフラフラしている場面がある。時計こそ優秀だが、動き自体は可もなく不可もなくといった評価になる。シンザン記念時との比較でも、平行線といった印象。
評価:B、前走比較‐

【ペイシャルアス】
栗東坂路の単走。やや右にもたれる。軽い内容ではあるが、それでいてある程度の時計は出ているので、評価は難しい。ファンタジーS時も同じような内容。
評価:B、前走比較-;

【ラムセスバローズ】
美浦南wの併せ。直線では3頭びっしり併せるが、内の馬には手ごたえで劣り、先着される。ハードな内容ではあるものの、もう少し動きが良ければ。
評価:B、前走比較-

【リョーノテソ-ロ】
美浦南wの併せ。頭が低い走法で、首との連動性も良い。最後はほとんど併入で、時計もそこそこだが、この動きは評価したい。
評価:A、前走比較‐

馬場傾向の分析

Aコース→Bコースに変更後、かなり高速化している。先週のダービー卿では1.32.2、日曜日の3歳500万マイルで、1.34.6の上がり34秒台という結果。中山のほうは雨の影響はなさそうなので、引き続き、高速馬場が継続する、という考えでいいと思う。

先週日曜日でみると、

(レース、着順、4角通過順、4角内外の位置)
3R1600m 1着:③中、2着:①内、3着⑥中
6R1600m 1着:⑤中、2着:⑨外、3着⑬外
8R2000m 1着:⑥外、2着:④中、3着②中
9R2500m 1着:②内、2着:③中、3着⑥中
11R1200m 1着:②内、2着:③中、3着③内

という結果で、外からの決め手をいかすタイプも好走していて、少なくとも内ではないとダメ、という馬場ではない。
血統からみると、ダービー卿を買ったのは、ハービンジャー産のヒーズインラブ、日曜日のマイルレースは、キンカメ×ファルブラヴ、アッミラーレ×カーネギーという配合。ダンチヒなど、ノーザンダンサー系が優勢になっている。

ニュージーランドトロフィー2018予想

全体を見渡して、能力から考えると、◎の一択になる。朝日杯と前走の阪神500万の数値からすれば、ここでは一枚上の存在。血統面でも、ディープインパクト×Smarty Jones×ダンチヒなので、今の中山の傾向も合致する。内一辺倒の馬場でなければ、上位に来る可能性は高い。何かと不安をされる鞍上であるが、プリモシーンのイメージ(フェアリーS)で乗れば、まず勝ち負けだろう。

次点はリョーノテソーロ。クロッカスSは初芝ながら、このメンバーのなかであれば、上位のパフォーマンスを示した。マイルへの延長など不安要素はあるが、調教の動きは良く、消しにくい一頭である。この馬も血統は、Justin Phillip(ストームキャット系)×Speightstown(ミスプロ系)でいかにも中山向き。

ただ、馬券的な妙味を考えればこの2頭以外の候補を考えたいところ。カツジ・カシアスの2頭は当然その候補。2頭を比較するのであれば、高速馬場なら、より適性距離の短いカシアスのほうが可能性は高いだろう。もう一頭上げるなら、アイスフィヨルド。評価できるのは、2走前の東京でのマイル戦。このレースはハーレムラインが勝ったレースで、時計的には価値がある内容だった(ハーレムラインのその後アネモネSを快勝している)。

◎ケイアイノーテック 戸崎

〇リョーノテソ-ロ 吉田隼
▲カシアス 浜中
穴アイスフィヨルド 北村宏

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする