桜花賞2018予想!

桜花賞2018予想です!

調教分析

【アマルフィコースト】
栗東坂路の併せ。ラスト1Fだけ軽くしかける内容で、反応もいいし、フットワークもダイナミック。追い切りだけみると、前走の落馬の影響はなさそうだが。フィリーズレビューも調教はよかったので、前走比較は平行線としておく。
評価:B、前走比較→

【アンヴァル】
栗東cwの併せ。時計自体は悪くないが、最後まで外の馬を交わせずゴール。動きも可もなく不可もなくといった感じで、プラス評価はできない。とはいえ、フィリーズレビューでの最終追い切りもこういった内容ではあった。
評価:B、前走比較→

【アンコールプリュ】
栗東坂路の単走。しまいだけ軽くしかけたが、反応はいまいち。馬体重はもともと軽いにはしても、身体は小さく感じる。前走のほうが躍動感はあった。
評価:C、前走比較↘

【アーモンドアイ】
※映像なし。

【コーディエライト】
栗東坂路の単走。鞍上の手はほとんど動いていないにもかかわらず、馬はどんどん進んでいく。全体時計も良い。前走と比べても、休み明けから状態は上がっている。
評価:A、前走比較↗

【スカーレットカラー】
栗東cwの併せ。この馬も手ごたえよく、併せ馬に先着。やや馬体は細いように思うが、チューリップ賞のときよりは、追い切りの内容は良化していると判断したい。
評価:B、前走比較↗

【ツヅミモン】
栗東cwの単走。やや重苦しい動きでぎこちなさもある。前走クイーンカップ時のほうは安定した走りができていた。
評価:C、前走比較↘

【デルニエオール】
栗東cwの単走。コーナーの走りはまだふわふわとした印象も、直線で仕掛けられると、ダイナミックな動きをみせる。この血統らしく、まだ未完成の要素がありそう。フィリーズレビュー比較では、平行線といったところ。
評価:B、前走比較‐

【トーセンブレス】
美浦南wの単走。霧のため、最後数秒のみの映像で、判断しづらいが、その映像からは手ごたえ良く、最後まで駆けられた様子
評価:-、前走比較-

【ハーレムライン】
美浦坂路の併せ。この馬も霧のため、最後数秒のみの映像。時計はまずまずで、動きも悪くはなさそう。
評価:-、前走比較-

【フィニフティ】
栗東cwの単走。小さい馬ではあるが、力強いフットワークで、特に前脚は大きな動き。クイーンカップ時も好内容ではあったけど、今回はさらに上昇している。
評価:A、前走比較↗

【プリモシーン】
美浦南wの併せ。この馬も霧のため、最後数秒のみの映像。併せ馬にはきっちり先着しているし、躍動感のある走り。ラスト1Fの時計も優秀。
評価:-、前走比較-

【マウレア】
栗東cwの併せ。ほとんど馬なりではあるものの、一杯に追われた併せ馬に楽に先着した。一週前追い切りの内容もかなり良く、栗東滞在の効果が出ている。その意味ではチューリップ賞よりも前進できる可能性はある。
評価:A、前走比較↗

【ラッキーライラック】
栗東cwの併せ。リズムよく、大きな動きができていて、併せ馬にも先着。ラスト1Fの時計も優秀。チューリップ賞時として比較してももう一段上の仕上がりだろう。
評価:A、前走比較↗

【リバティハイツ】
栗東坂路の単走。ラスト1Fだけ仕掛けたという内容だが、反応もよく安定した走りで、足取りは確か。前走フィリーズレビューの追い切りもかなりよかったので、その状態をキープできていると思う。
評価:A、前走比較→

【リリーノーブル】
栗東cwの単走。騎手が乗っているにしても、最後の時計は素晴らしい。力強さも十分。ただ前走チューリップ賞時も相当良い内容だったので、リバティハイツ同様に前走比較では同等としておく。
評価:A、前走比較→

【レッドサクヤ】
栗東cw単走。重心が低く、頭を下げる走法。そのため、フットワークもダイナミックに感じる。フィニフティ共々、この厩舎らしい、良い追い切り。
評価:B、前走比較-

【レッドレグナント】
美浦南wの併せ。霧のため、最後数秒のみの映像。やや行きたがっている様子もあり、折り合い面にはまだ課題がありそう。
評価:-、前走比較-

馬場傾向の分析

土曜日の阪神芝は稍重スタート。9Rから良馬場に回復したという流れ。しかし、メインレース時にも多少の降雨があったようで、明日までまだ少量ではあっても雨の可能性は残っている。

土曜日の結果は、

(レース、着順、4角通過順、4角内外の位置)
4R1400m 1着:④内、2着:④中、3着⑥中
6R1600m 1着:⑤内、2着:⑦内、3着⑨中
9R1600m 1着:④中、2着:⑥外、3着⑧外
10R2400m 1着:③中、2着:⑥中、3着①内
11R1600m 1着:①内、2着:②内、3着⑦中

内外のバイアスは、やや内有利~フラット。阪神牝馬Sもペースはもちろん影響したが、結局先行馬+内枠で決着しているし、6Rマイルは、内の2頭が抜け出し、内枠のワンツーという結果。時計の出方は雨の影響があって、先週と比較すると、約1秒ほどかかっている。日曜日に雨はないと思われるので、これから徐々に乾いていけば、高速化していくだろう。

マイル戦ではハーツクライ産駒が大活躍していたのが印象的。やはり軽いスピードよりはパワーが問われるような馬場だったと判断したい。このあたりは、日曜日も継続するのか、注意深く確認する必要がある。

桜花賞2018予想

1枠2番アマルフィコーストが出走取消で、17頭立てのレースになった。現時点で、ラッキーライラックの単勝オッズ2.1倍は、1枠1番という枠の影響だろう。いろんなメディアで、これまでの傾向=内枠不利が囁かれている。

展開は、ややスロー~平均だろう。コーディエライト・レッドレグナント・ツヅミモンが先行集団を形成するが、極端にペースが上がることは想定しにくい。

今年の牝馬クラシック、中心となるのは、ラッキーライラック・マウレア・リリーノーブルの3頭だろう。阪神JF→チューリップ賞と3着以内はこの3頭が占めることは変わらなかった。

ラッキーライラックについては、ここまで1戦づつパフォーマンスを上げている。正直に言うと、阪神JF時は、アルテミスSの内容から能力的に半信半疑ではあった。前走チューリップ賞では、高速馬場への対応もクリアしてきた。今開催の阪神芝は、時計が想定以上に速く、レースレベルの判断が難しくはなっているものの、チューリップ賞の時計・上がりは、この世代のレースでは最も評価できる数値と判断したい。土曜日の馬場が継続するのであれば、オルフェーヴル×フォーティナイナー系の血統はいまの馬場にも合うだろうし、状態面は調教からすると不安はない。

対して、マウレアは、栗東滞在でこの桜花賞に臨んできた。ラッキーライラックには先着はできていないが、この馬もクイーンカップを除けば、パフォーマンスは伸ばしてきている。クイーンカップの凡走を見ると、スローから瞬発力を活かしたいタイプに思えるので、今回もそういった展開になる可能性が高いのはプラス要素。アユサンの全弟、ディープインパクト×ストームキャットという血統面からはオークスよりここで勝負だろう。

リリーノーブルも状態面はピークだろう。ルーラーシップ産駒らしく、究極の瞬発力を問われた場合は、遅れをとるので、前走チューリップ賞はラッキーライラックの後ろの位置になってしまっては厳しかった。今回、チューリップ賞と比較すると、①時計・上がりが多少かかる馬場②パワーが問われる馬場、という点をみると、条件的には好転と解釈できる(ハーツクライもルーラーシップもトニービンを持っているという共通点)。鞍上も瞬発力勝負では分が悪いと心得ているはずだ。一方で、折り合いを気にするコメントがあるので、不用意に位置を下げないかの心配はある。

他の重賞組。

アーモンドアイは、未知な点が多く、シンザン記念の上がりからもまだ底を見せていない魅力はある。ただ、その裏返しとして不安要素も多い。やや空いた間隔・関東馬・持ち時計がない。それでいて、現在2番人気なので、人気先行だろう。まとめて面倒をみる可能性はあるが、中心視はしたくない。アーモンドアイの不安要素は、プリモシーンにも該当してくる。プリモシーンももちろん能力は高く、特に東京未勝利戦でテトラドラクマを差し切ったレースは、時計的な価値も高いが。

今回激走に期待したいのは、〇。前走チューリップ賞では、出負け・速い馬場に対応できなかったものの、ラスト3Fの内容は悪くない。少なくとも、チューリップ賞時よりは重い馬場なので、条件は好転するし、調教の動きは前走より良化している。やや内有利のバイアスを加味すれば、位置取り次第では激走を期待していい。今年、徐々に活躍が目立ってきた鞍上のファイトを見てみたい。

ラッキーライラック 石橋脩

〇スカーレットカラー 岩田
△リリーノーブル 川田
△マウレア 武豊
△アーモンドアイ ルメール
△リバティハイツ 北村友

(◎〇→◎〇△の馬連・三連複)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする