皐月賞2018予想!

皐月賞2018予想です!

調教分析

【アイトーン】
栗東坂路の単走。ラスト1Fだけ軽く促す内容で、リズム良く走ることができている。脚の動きも力強く、回転も速い。
評価:B、前走比較-

【エポカドーロ】
栗東cwの併せ。年明け4戦目という感覚の詰まったローテーションではあるものの、調教の動きは活気がある。ラストだけ仕掛けて、時計も優秀。一週前追い切りでは、軽い内容だったけに、こういった調教が見れたことは安心材料。スプリングS時と遜色ない仕上がりにはある。
評価:A、前走比較→

【オウケンムーン】
美浦南wの併せ。直線では、併せ馬と完全に重なってしまい、フォームは見えづらいが、手ごたえで劣ることなく、併入した。時計は速く、やや間隔が空いたものの、共同通信杯時と変わらずきている。
評価:B、前走比較→

【キタノコマンドール】
栗東cwの併せ。鞍上はもったままでも、前への推進力を感じる動き。全体がきれいに連動されており、動きの質は高い。軽いめの内容であるが、一週前にびっしりやっているので、問題はないだろう。
評価:B、前走比較-

【グレイル】
栗東cwの併せ。頭が高い走法は気になるが、力強い動きで身体を大きく見せている。楽に先着し、タイムは優秀。ただ、前走共同通信杯も追い切りの内容自体はかなり良かったので、評価は平行線。
評価:B、前走比較→

【ケイティクレバー】
栗東cwの併せ。この馬も頭は高い。直線で軽く仕掛けられると、素晴らしい反応で、併せ馬を突き放す。フットワークも俊敏。2週続けての好内容は状態は良い。
評価:A、前走比較-

【サンリヴァル】
栗東cwの併せ。全体時計・ラスト1Fの時計は優秀で、併せ馬には差をつけてのゴール。フォームは大きくて迫力があるが、一方で、ややもっさり感がある。弥生賞時も同じような内容だった。
評価:B、前走比較→

【ジェネラーレウーノ】
美浦南wの併せ。時計こそ地味だが、直線で仕掛けられると、鋭く反応し、沈み込むようなフォームになる。京成杯時の調教では、抜け出してからふわっとしたところがあったので、今回のほうが上に評価したい。
評価:A、前走比較↗

【ジャンダルム】
栗東cwの併せ。ラスト1Fのタイム通り、仕掛けると良い反応を見せた。ただ、やや突っ張ったような走りで(テコテコという感じ)のびやかさはあまり感じられない。弥生賞のときにもこんな様子はあった。
評価:B、前走比較-

【ジュンヴァルロ】
栗東cwの併せ。長めから時計を出して、最後軽く仕掛けるという内容。併入ではあったが、併せ馬のほうが手ごたえ良い。動き自体も特筆すべき点はないか。
評価:C、前走比較-

【ステルヴィオ】
美浦南wの併せ。ゴール前は強めに追ったが、併せ馬とほとんど併入した。時計もまずまずで、スプリングステークスと比較すると、前走のほうが、活気があった。動き自体は悪くは見えないが。
評価:B、前走比較↘

【スリーヘリオス】
栗東cwの併せ。時計は出ているが、手ごたえでは相手に劣り、ゴール前ではバタバタした印象の動きになってしまう。
評価:C、前走比較-

【タイムフライヤー】
栗東cwの併せ。パッとしない内容の一週前追い切りから打って変わって、猛時計を出してきた。併せ馬にはほとんど併入で、手ごたえも同等。この調教をどう評価するかは難しいが、動き自体は一週前より良化しているように思うので、B評価としておく。若葉ステークスは最終追い切り(坂路だった)自体は良い内容だったので、前走比較は平行線。
評価:B、前走比較→

【ダブルシャープ】
栗東cwの単走。大きなフットワークができているが、馬体はやや小さく感じる。時計はまずまず出ている。
評価:B、前走比較-

【マイネルファンロン】
美浦南wの併せ。終始手ごたえは良く、併せ馬にはほとんど併入した。時計もそこそこ。鞍上は折り合いに気を遣っているようで、このあたりがレースに活きてこれば。一週前追い切りは、併走で遅れたのでどうかと思ったが、スプリングステークスとは平行線という評価にしたい。
評価:B、前走比較→

【ワグネリアン】
栗東cwの単走。最後まで馬なりで、タイムは平凡。一週前追い切りもラストだけ仕掛ける、という内容だっただけに全体的に負荷はあまりかかっていなさそう。走り自体はバネを感じるし、弥生賞のときも軽めの内容で好走しているので、そこまで気にする必要はないかもしれないが。
評価:B、前走比較→

馬場傾向の分析

土曜日時点での中山芝の傾向を見ておく。

(レース、着順、4角通過順、4角内外の位置)
4R2000m 1着:②内、2着:⑤内、3着①内
6R1200m 1着:⑧外、2着:③内、3着②内
8R1600m 1着:⑥外、2着:⑨外、3着③中
9R1800m 1着:④中、2着:⑦中、3着④中

内外のバイアスは、フラットで、外も悪くない。時計の出方は、4R2000m未勝利戦で2.02.4(ラスト1F11.6)、9R1800m500万で1.48.1(ラスト1F11.4)なので、やや速い馬場だろう。仮に土曜日に皐月賞があれば、2分は確実に切ってくるような馬場ではある。少なくとも、弥生賞やスプリングステークス時の馬場よりは、速い馬場であるといえる。血統面は、2000mではステイゴールド系が大活躍している。

日曜日は、稍重スタートの中山芝。すでに曇りで、雨は上がっている。ただ、レーダーからは、この後も一雨あるかもしれない。おそらく稍重でのレースだろう。

(レース、着順、4角通過順、4角内外の位置)
4R2200m 1着:②中、2着:⑤中、3着①中

4Rは、外回りの2200m。内枠の人気3頭での決着。見た目の芝は、やや内がボコボコしているように見えるが、全体的にはきれいな芝である。進路を見ていると、外も良さそうで内外のバイアスについては、フラットという判断でいい。時計は、2.15.5で勝ち馬の上がりが35.4と、かなり重く、時計のかかる馬場へと変貌している。

血統面については、ハービンジャー×アグネスタキオン、ディープインパクト×Sky Mesa、ディープインパクト×Dushyatorが1~3着。2200mなので、参考程度ではあるが、欧州血統は良さそうだ。

皐月賞2018予想

近年のハイレベルな皐月賞と比べると、ダノンプレミアムの回避もあって今年はやや小粒なメンバー構成。トライアル戦レベルは、スプリングステークス≧弥生賞>若葉ステークス、という判断をしている。他方、トライアル戦以外に目を向けると、すみれステークスは、超高速馬場で評価は難しいが、スプリングステークスより上の評価ができる。共同通信杯も、スプリングステークスと同等とみている。まとめると、すみれステークス>スプリングステークス=共同通信杯≧弥生賞>若葉ステークスとなる。

そういったこともあって、明確に抜けている馬はいないように思う。一応の中心は、ワグネリアン・ステルヴィオ・キタノコマンドールの3頭にはなるが。

展開は、アイトーン・エポカドーロが逃げ宣言、ケイティクレバーやサンリヴァルも先行する可能性が高いので、ミドルペース以上にはなるだろう。今日の馬場であれば、ペースが上がっても少なくとも2分はかかってきそうで、上がりも要するはず。

人気勢も重馬場自体は悪くないだろうが、全体的にレースレベルは落ちる可能性が高い。

となると、激走に期待したいのは穴馬◎。

ホープフルS・弥生賞ともに、休み明けで太めの仕上がり。また、ホープフルSはハイペース、弥生賞は逆にスロー過ぎた。そう考えると、今回陣営が言うように絞れて状態が上がっていること、時計がかかる馬場で好位置につけることができれば、もう一段上のパフォーマンスができる可能性は十分にある。重馬場も、ルーラーシップ×アグネスタキオンであれば、苦手なはずはないだろう。鞍上も今年はよく乗れているし、昨年クリンチャー以上の結果がほしい。

◎サンリヴァル 藤岡

〇ワグネリアン 福永

(◎の単複、◎-〇ワイド、三連複2頭軸◎〇総流し)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする