天皇賞春2018予想!

天皇賞春2018予想です!

調教分析

【アルバート】
美浦南wの併せ。直線に入ってから仕掛けると、反応は良く、特に前脚の動きは力強い。併せ馬にはほとんど併入で終わったものの、タイムは優秀。前走時と比較すると、同じような内容になっている。
評価:B、前走比較→

【カレンミロティック】
栗東坂路の単走。やや右に傾き、舌を出しながら走っている。タイムはまずまずでも集中力を感じない内容になっている。その点、前走のほうが調教は良かったと感じる。
評価:C、前走比較↘

【ガンコ】
栗東坂路の単走。ほとんど馬なりという内容だが、脚の回転は速く、活気のある動きができている。月1回の出走が続いており、おつりがあるかどうかだが、調教からは前走日経賞のときと遜色ない動きができている。
評価:A、前走比較→

【クリンチャー】
栗東坂路の単走。この馬も馬なりの調教でも、力強い動きができており、活気を感じる。前走阪神大賞典時と大きく変わりはない。
評価:B、前走比較→

【サトノクロニクル】
栗東cwの併せ。ラスト1Fの時計は優秀も、併せ馬には少し遅れてしまった。動き自体は悪くないし、2週続けてcw併せで負荷をかけてきたことは好感が持てる。前走でも、最終追い切りは併入遅れだったので、そこまで気にする必要はないかも。
評価:B、前走比較→

【シホウ】
栗東坂路の併せ。ゴール前に軽く促し併せ馬に先着。フットワークはこじんまりとしていて、派手さはない。時計はまずまず出ているが。前走はcwでの追い切りだったが、内容自体には大差なし。
評価:B、前走比較→

【シュヴァルウグラン】
栗東坂路の併せ。ジョッキーが騎乗し、ラスト仕掛けると併せ馬に楽に先着した。もともと派手な追い切りをするタイプではなく、元気は良さそうなので、時計は平凡でも悪くはないだろう。前走時とは大きく変わらず。
評価:B、前走比較→

【スマートレイアー】
栗東坂路の併せ。馬なりでタイムは優秀。ダイナミックなフットワークができており、海外遠征明けだった前走と比較すると、順調に良化している。状態面は評価できる。
評価:A、前走比較↗

【ソールインパクト】
美浦南wの併せ。ゴール前では少し促すも手ごたえは併走馬のほうが良い。コーナーで内目を通った割にはタイムもいまいち。
評価:C、前走比較-

【チェスナットコート】
栗東坂路の併せ。全体時計、ラスト1Fのタイムともに優秀だが、併せ馬には先着され、ゴール前ではバタバタした動きになってしまう。ただ、前走時も同じような内容だった。
評価:B、前走比較→

【トウシンモンステラ】
栗東cwの単走。頭が高く、仕掛けられても反応はいまいち。タイムも平凡。
評価:C、前走比較-

【トミケンスラーヴァ】
美浦南wの併せ。馬なりで併せ馬と併入。タイムはまずまずも、特筆すべき点はない動き。前走時のほうが活気があったという印象。
評価:C、前走比較↘

【トーセンバジル】
栗東芝の併せ。かなり水分を含んだ芝状態。首をぐっと引いて、仕掛けると反応良く、併せ馬に楽に先着した。躍動感がある動きができている。全体的な雰囲気は、前走より良化している。
評価:A、前走比較↗

【ピンポン】
美浦南wの単走。馬なりで、終始手ごたえ良く走ることができている。時計はそこそこだが、フットワークはダイナミック。
評価:B、前走比較-

【ミッキーロケット】
栗東坂路の併せ。見せムチを使って最後は沈み込むような動き。馬場の影響なのか、ふらつく場面はあるものの、集中力を感じる動き。前走比較でもプラスに評価したい。
評価:A、前走比較↗

【ヤマカツライデン】
栗東坂路の単走。全体時計は速く、ラスト1Fは13秒台まで落ちた。おそらく先行するレースをイメージした追い切り内容だろう。動き自体は、前走と変わりになくきている。
評価:B、前走比較→

【レインボーライン】
栗東坂路の単走。この厩舎流に日曜日に速い時計を出す調ので、週中は軽めの内容。頭が高い走法は気になるものの、馬体はシャープ。
評価:B、前走比較→

【調教分析まとめ】

馬 名 評 価 前走比較
 アルバート B
カレンミロティック C
 ガンコ A
 クリンチャー B
 サトノクロニクル B
 シホウ B
 シュヴァルグラン B
 スマートレイアー A
 ソールインパクト C
チェスナットコート B
トウシンモンステラ C
 トミケンスラーヴァ C
トーセンバジル A
ピンポン B
ミッキーロケット A
ヤマカツライデン B
レインボーライン B

馬場傾向の分析

土曜日時点での京都芝の傾向を見ておく。

(レース、着順、4角通過順、4角内外の位置)
3R1800m 1着:①内、2着:⑧内、3着④内
5R2000m 1着:⑩外、2着:③内、3着⑫外
6R1200m 1着:①内、2着:④中、3着②内
7R2000m 1着:①内、2着:⑨内、3着③内
9R2200m 1着:②内、2着:③中、3着⑧中
10R2400m 1着:②中、2着:⑥内、3着⑨外

レコードが出た先週の馬場と比較すると、今週はひとつ時計がかかっている(週中の雨の影響もあるかもしれない。)また、先週より内有利の傾向が出てきている。

烏丸ステークスで、ポポカテペトルやアドマイヤエイカンなど重めの適性の馬が好走しているのが印象的。血統はディープインパクトやハーツクライが好走している。

完全に乾いて、先週なみの馬場に戻る可能性もあるので、そのあたりは当日の馬場をチェックしておきたいところ。

天皇賞春2018予想

展開はヤマカツライデンの大逃げが濃厚。縦長の展開になって、2番手以下はスローに近い流れになるだろう。いまの馬場を加味しても、ステイヤータイプよりは、2000m~2400mあたりに適性がある馬を狙ってみたい。

シュヴァルグランの大阪杯は、度外視していい。2000mは適性外に加え、レース途中からペースアップする流れでは、対応できなかった。2000m→3200mへの延長は、間違いなくプラスになるし、昨年と比較すれば、キタサンブラック・サトノダイヤモンドは不在で、かなり相手は楽になる。前走大敗でもこの1番人気は妥当だろう。

ただ、一番人気はできるだけ本命にしないという約束なので、他の馬を探す。

ガンコ・クリンチャー・アルバートはステイヤータイプ。ガンコは速力にやや不安があるし、クリンチャーは皐月賞をみても速い時計には対応できるが、騎手がやはり不安。アルバートも能力は高いものの、昨年よりはペースが流れないとすると、やはり苦しいか。

本命は◎。

前走日経賞は、海外遠征明けだったので、度外視していい。今回は、叩き2走目で調教の動きからも上昇が見込める。香港ヴァースの内容から、シュヴァルグランを除けば、このメンバーでは上位にくるし、昨年と今年の阪神大賞典を比較すれば、この馬のほうが上に評価できる。さらに、高速決着の京都大賞典でも好走しており、速力も兼ね備えている。近親には、トーセンジョーダンがいる血統も良い。唯一外枠が減点だが、その分このオッズなのだろう。鞍上のマジックに期待したい。

人気ブログランキングへ

〇シュヴァルグラン ボウマン

△ミッキーロケット 和田

△カレンミロティック 池添

△スマートレイアー 四位

△サトノクロニクル 川田

(◎の単、◎〇‐◎〇△馬連・3連複)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする